iPadPro10.5に加えてiPad Pro 12.9を買ったった

iPadPro10.5に加えてiPad Pro 12.9を買ったった

iPad Pro 10.5がブラックアウト!

昨日、愛機iPad Pro 10.5インチでいつものように雑誌を読んでいたら、急に画面がブラックアウト。

電源ボタンでも電源ボタンとホームボタン長押しでも何も反応しない。

だから(iPhoneで脱獄してた頃の)懐かしのDFUモードに入れて復元を図ると復元は成功して、コンピュータでiPadを認識してるから(ホームボタンなんども押してると、音声認識が起動してiPadが何やら喋ったりもする)、中身は生きているんだけど、画面が真っ暗なままなんだよね。バックライトが切れちゃったのか…。といってもまだちょうど半年しか使ってないんだぜ。いくらぼくがヘビーユーザーだとしても、半年でバックライトが切れるなんてひどいじゃんか。ハズレを引いちゃったのか?今まで買ったiPad、初期モデルもセカンドも、iPad miniもまだ全然元気で生きてるぜ。なんで最新のが壊れちゃうわけ?

まあでも仕方ないから、アップル認定のサービスカウンター(こっちにはそういうのしかないんだよ)に持っていってきたよ。そしたら、

「Appleに送って修理の可否を検査するから一週間くらい預かります」

だってさ。

いやいや、そんなにiPad Proと離れるなんて…というかiPadなしで生活するなんて絶対にムリですから。オレは今、1日に10数冊、iPadで雑誌を読んでいるんだ。この生活をどうしてくれるんだ! iPadがないと雑誌読めないじゃんかよ!(後述するけどKindle Unlimitedと楽天マガジンで雑誌三昧なのだ)。

てことで、その足でApple直営店に直行(あ、微妙に二重表現。「直営店に直行」ってとこじゃなく、「その足で直行」ってとこね)、ほぼ迷うことなく12.9インチ買ってしまった。10.5インチ使いやすいけど、画面がさらに大きい12.9もきっと快適だろうなーなんて最近考えることがあったからね。でも、さすがにこんなことがないと、iPad Proをもう一種類買うなんてことはしないよね。その機会を自分で利用してやったぜ。

iPad Pro 12.9の使い心地

大きさ・重さ

iPadPro10.5&iPadPro12.9

以前、インターネットで見た情報では、「12.9は画面が大きくて見やすいけど、なにしろ重い」みたいな意見が多かった気がする。

だけど、たいして重くないよ。むしろ、大きさの割には軽いんじゃないかって気がする。重量のバランスの設計がいい感じなんだろうと思う。「こんな大きくて重いの持ち歩けない」みたいに言ってるサイトも見た気がするけど、どんなか弱いビジネスマンなんだ。ぼくなんて10年前にMacBook Proを2個持ち歩いていたぜ。好きなパソコンと常に一緒にいたくて。それだけで6キロくらいあったぜ。ほかに分厚いファイルだとか六法だとかもあったのにさ。

で、iPad Pro 12.9なんだけど、大きさは体感的には10.5よりもふた回りくらい大きいように感じる。だから、すごく見やすい。
前述の通り今のぼくは雑誌を読むために使ってるところ、10.5でもRetinaディスプレイのおかげで十分な画面サイズに感じていたけど、当然ながら12.9だとさらに大きくてめっちゃくちゃ読みやすい。もう、横にして見開きで読んでも十分な快適さ。これはすごいね。「1o.5が修理から戻ってくるのを待つために(?)iPhoneXを買っちゃおっかな」などとも一瞬思った自分がバカに思える。iPhoneはiPadの代わりにはならんだろう、いくらなんでも。

犬たちと庭に出るのに持って出る際に、この12.9を裸で持って出るのはちょっと心許ないけど(手が滑って落としてしまいそうで)、透明のシリコンのカバーを装着することで滑り止めができ、収まりもよくなった(そうだろうなと思ってたから、カバーも買ったのだ。この透明カバーおすすめだよ。iPhoneにカバーつけるのはダサいけど、iPadだったらぼくは許せる。むき出しだと、庭のテーブルとかにポンって置くのも怖いんだよね。細かい砂とかでジャリっつって(砂利というシャレではない)裏蓋が傷だらけになりそうでさ。傷だらけのiPad Proってちょっとダサい気がするしね)。

ソフトウェアキーボードが打ちやすい!

ぼくはiPad Proに関しては前からソフトウェアキーボード派だったけど(外付けキーボードも神アプリ次第で採用中)、
12.9インチのソフトウェアキーボードは、ほぼフルサイズキーボードだからものすごく打ちやすい。
「今までこれより小さいサイズのキーボード打ってたのかな?」
と、なんだか不思議な気分にもなるくらいだ。

12.9だったらほんとに物理キーボードは要らないよ。

でもスマートキーボード買っちゃった

今「物理キーボードは要らないよ」って書いたところだけど、実は今回、スマートキーボードを買ってしまったのだ。使い心地を知りたかったからね。それと、12.9はフットプリントが大きいから、立てて使ったほうがいいんじゃないかという考えもあって。
立てて使ったほうがいいんじゃないかと思ったのにはもう一つ理由がある。iPad Pro、ほとんどラップトップと同じくらい使える上にめっちゃ使いやすいんだけど、テーブルとか膝とかに置いて長時間使ってると、ずうっと真下を見続けることになって、首が非常に痛くなるんだよね。それがネック。首だけに。
なので、状況が許す限り、できれば画面はラップトップと同じくらいの角度で立てて使ったほうがいいんじゃないかって最近思うようになっていたんだよね。
10.5では、ぼくは文字を入力するよりも、手書きでメモをすることの方が多かったから、立てて使うのはかえって不便だよね。だから実際には立てて使おうとはしなかったんだけど、12.9を買うこの際だからついでにいろいろやっちゃえと思って勢いで買っちゃった(雑誌ばかり読んでるわけだから、ほんとはすごく必要なわけじゃなかったのに)。
そういうわけで、スマートキーボードだけど、iPadを立てて支えられるのは、場所も取らないし、首の疲れも軽減されるし、物理キーボードゆえ多少なりとも打鍵感があることから、12.9にはこれあった方がいいよねって思う。カバーにもなるしね。ほんとにiPadがパソコンがわりになるよ。ぼくは戦ってないけど、Surface Proと戦って勝てるね。たぶん。

雑誌三昧の生活を続けるために12.9を買う論理

よくよく考えたら、ぼくは雑誌を読むために…正確には10.5の修理期間中iPadで雑誌を読めないのは耐えられないというだけの理由で…今回12.9を買ったようなものなんだよね。それってほんと我ながら頭がおかしいと思うんだけど、これ買って正解。10.5が直るのが怖いくらい。だってあまりに快適すぎて、10.5に戻れないんじゃないかって気がするから。

あ、ってことは、買って正解なんじゃなくて不正解、というか失敗だったってことか?うーむ、難しいなこの問題。

とにかく、12.9買って帰って何してるかというと、Kindleと楽天マガジンのアプリを入れて(メールの設定すらせず)、雑誌を貪り読んでる。雑誌のためにiPad Proってエラい高くついてるなって思ったりもするんだけど、ぼくはこの1ヶ月で、雑誌を450冊読んでるんだよね(昔、家で「雑誌を読む」って言ったら、母から「雑誌なんか『読む』とは言いません。『見る』でしょ」って直された。内容からいって確かにほとんどの場合そうなんだけど、読むべき雑誌もなくはない)。

で、1冊だいたい700円としたら、450冊で31万5,000円になるんだよ。それをKindle Unlimited980円と楽天マガジン400円の1,380円で読んでることになる。だったらiPad Proに69,800円(10.5インチ)とか86,800円(12.9インチ)とか出してもいいんじゃないの?って考えることにして、今回、壊れた10.5の代替機として12.9を買ったというわけ。

つまりね、iPad Proを雑誌読むのにしか使わなかったとしても、紙の雑誌を買ってたら毎月30万円、年間360万円かかるものが、タダみたいなお金ですんじゃうんだよ。しかもそんな膨大な雑誌を置く場所もいらないし、気に入ったページのコピーも取り放題かつそれもペーパーレス。

読み放題のサービスとかがなければ月に450冊もの雑誌を買ってまで読むことはありえないわけだから、もちろん今言ったことは詭弁みたいなものなんだけど、でも実際ぼくは月に450冊読む生活を今してるわけだから、それを前提にすれば、iPad Proなんてとても安くてお得な買い物だというのは十分成り立つ話なんだよね。だからその生活が1週間中断されちゃうから代替機を買わなくちゃというのも、まったく不合理な話というわけではないんだよね。ぼくって自分を説得するのがうまいんだよね、職業柄。

ほんとは職業柄、他人を説得するのも得意なんだけど、この話の場合で他人を説得することはなかなか難しいんだよね。あまり当てはまらないからね。つまり、今iPad Proを持ってない人がiPad Proを買う理由とするには、紙の雑誌を月450冊買ってる必要があるでしょ。ぼくの場合はiPad Proで現に昨日まで月450冊ペースで読み放題サービスの雑誌を読んでたから、この生活を続けようと思ったらiPadの修理の間、紙の雑誌を15冊*7日で105冊、約7万円分買わなくちゃいけないわけだから、だったらiPad Pro買えちゃうねーってことだもんね。言い換えれば、それくらいAmazonにはお世話になってるからAppleにはお布施をしてお返しをしなくちゃっていう話だからね。なんじゃそれー?って思うでしょ?これはね、返礼というのはその相手に返さねばならないとは限らないというぼくの考えもあるんだけど、実際、Amazonのサービスですごく得をしている→でもAmazonはその分損をしているわけではなくむしろそのサービスで利益を上げている→ぼくは得した分のお金をAppleで使う→その代わりにぼくにはiPad Proという便利な機械が手に入る→それでまたAmazonのお得なサービスを利用する、というふうにちゃんと回ってるからなんだよね。まさに詭弁だ、はっはっは。このギリシャ人のような屁理屈にいったい誰が言いくるめられるというのか…。でも、これは言いくるめられたほうが幸せになれるんだよ。そしてこういうお金の使い方をすることで、それ以上の利益を得られるのだ)。

[yuzo_related]

 

ナリタマトコのオピニオンカテゴリの最新記事