クラブで踊れるようになるたったひとつの方法

クラブで踊れるようになるたったひとつの方法

[three-fourths-first]

ぼくはここのとろ、クラブ遊び、ディスコ通いってものをしていない。とにかくうちの犬たちが(「犬たち」、なんて言い方、なんだか愛犬家みたいでイヤなんだけども…だって愛犬家ってバカみたいじゃない?ブログなんかでも、愛犬家に気を遣って「ワンちゃん」って呼ばないといけないんでしょ?何それ?ぼくは他人からうちの犬のこと「ワンちゃん」とか呼ばれたくなーい。きもい。でも、他に言いようがないんだよね。「イヌども」つうのもおかしいし、「うちのワンコソバが」とかいうのも変だしね。言わないか。蕎麦じゃないしね。「お犬様ご一行」ってのもあまりにムリがありすぎる。何の話かわからなくなってきたでしょ?冗談だよ!)異常にというか深刻な(という割には深刻そうじゃないけど)分離不安で、ぼくはほんとに出掛けることができないんだよ。そしたらぼくも、彼らと一分一秒でも一緒にいたくて、出掛けたくなくなちゃったしね。

そんなぼくは、実は世に不評のパーリーピーポーなんだわ。
ていうか、その辺のパーリーピーポーがぜんぜんパーリーなんか知らなかった頃からだけどね。

ぼくが大学入った頃は、まだジュリアナ東京とかがあったのかな(荒木師匠ってぼくの1歳上なんだな。ずっと歳上に感じるけど。きっと社会に出たのが早かったんだね)。あんまりよく知らないんだ。マハラジャとかもあったっぽい。ジュリアナ東京なんてぼくの行った慶應義塾大学のある田町(といっても田町駅の南の芝浦側だから、あまり行かない&知らない方面なんだけど)にあったというのに、ぜんぜん行ったことない。大学入ったら、ディスコとか行きまくるんだろうな〜なんて思って受験勉強頑張ったのに(ウソ)、大学入った途端にバブルが弾けやがったというのもある。
また、ぼくは一応、大学入ってわりと勉強らしきものをした方なんだ。そのため、ディスコとか(そのうち「クラブ」に)そういうのに縁のない学生生活を送ったよ。

ぼくがパーリーに目覚めたのは、10年ちょっと前くらいかな。
海外で女の子たちに連行されて以来。それがめっちゃ楽しくてね。

でも、最初は、そんなクラブで踊るとかぜんぜんできなかった。踊ったことなかったし、自分が踊れると思わないし。だいたい、ぼくは、自分の意思のとおりに体を動かすことができない人間だというセルフイメージを持っていたから(セルフイメージってほんと怖いんだよ。ぼくがこんなふうになっちゃったのは、自分は天才だというセルフイメージを間違って持ってしまっていたからなんだから)。

ところがちょうどその頃、ウィル・スミス主演の「最後の恋のはじめ方」という映画を見たことで変わったね(原題は「Hitch」)。

この映画で、

Usherの”Yeah!”( ft. Lil Jon, Ludacrisいいねえ!!!)に合わせて踊るシーンがあって(ウィル・スミスが、イケてる踊りかた…揺らすだけを教える。んだけど、教わってる方の人のダンスもめっちゃおもしろい)
あ、この「最後の恋のはじめ方」でウィル・スミスのガールフレンドになる女優、Fast&Furiousの1と2(と4の最後のシーン)に出てくるFBIの捜査官じゃない?今思い出した。とにかく、ぼくはこの映画のおかげで、クラブで「揺れる」ことができるようになって、それからだんだん踊れるようになった。ぼくはお酒苦手なんだけど、酔っ払うと不思議と体が動くから、それもいいよ。ぼくの場合はなぜか、ありえないくらい超高速で体が動く。…気がしているだけかもしれないけど。酔ってるからわかってないだけかな?だとすると、こんな感じ?…ヤベーな。

今の日本がどういう感じがわかんないけど、7,8年くらい前までは、クラブ行ってるにもかかわらず、ぜんぜん踊ってない人々がいっぱいいた。つまんないし、逆にはずかしいぜ。クラブ自体、あまり流行っていなかったけどね。でも、踊れる部類に入ってたら、モテモテだったぜ。ほんとに。ぼくなんてふつうに仕事帰りにスーツのままクラブ行ったりしてたけど、若い不良みたいな男の子たちに「カッコイイっす」言われてた(笑) 週末は、六本木で知り合った、超クラバーみたいな、超ダンサーみたいなお姉ちゃんと朝までクラブはしごして遊んでたよ。同期の弁護士のダンサーの奥さん(奥さんも弁護士)と夜中に待ち合わせてクラブ行ったりもした。

それもすべて、きっかけは上記、「最後の恋のはじめ方」。と、ぼくをクラブに連行したギャルたち。ありがとう。みんな。

.[/three-fourths-first][one-fourth]

おもしろくもないブログをわざわざ読みたくないでしょ?このブログは、「おもしろいこと」に重きを置いて、よそでは得られない情報を共有しようと思って書いてるブログです。

おもしろいだけじゃなく
役立つ・実用性あること
専門性あること
頭脳に刺激になること
を書いていて、
「読むだけで頭が良くなる」と言われることもあるけど、
「どんな頭おかしなやつが書いてるんだよ」と思う場合は、

ナリタマトコ。のプロフィール参照。

ふざけているだけの記事もあるけれど、そう見えて
人生における重要なこととか
心に重大な影響を与えるものとかについて論じていて、
専門性の高い以下のテーマ
・ビジネス
・法律
ロボット・AI
・セキュリティ
などについてわかりやすく、
おもしろく、
新しい視点で述べているよ。

ぼくはアフィリエイトなんかはやってないし、それに日本にいないから、ブログで好き勝手言えるのだ。
勉強したから学位はいっぱいあるし、充実した仕事も十分な収入もあったし、けっこう自由な生活だったけど、勢いで全部やめて日本を出て、一層気ままに生きることにした。今、犬3頭、フクロウ、オオトカゲのみんなと同居してる(そんなことして責任を背負い込んだことになってもいるんだけどね。やれやれだ)
.[/one-fourth]

ナリタマトコのオピニオンカテゴリの最新記事